水晶工房が推奨する石の相性

透明本
水晶
アメジ
スト
ラピス
ラズリ
マラカ
イト
金ルチ
シトリ
タイガ
ーアイ
インカ
ローズ
ローズ
クォーツ
ムーン
ストーン
二十一
眼天珠
龍眼天
ブラッ
クトル
マリン
アクア
マリン
ゴール
デンサ
ンスト
ーン
ラブラ
ドライ
チャロ
アイト
スギラ
イト
ラリマ
クンツ
ァイト
ターコ
イズ
カイヤ
ナイト
ギベオ
ン隕石
本翡翠 モルダ
バイト
透明本水晶 -
アメジスト -
ラピスラズリ -
マラカイト -
金ルチル -
シトリン -
タイガーアイ -
インカローズ -
ローズクォーツ -
ムーンストーン -
二十一眼天珠 -
龍眼天珠 -
ブラックトルマリン -
アクアマリン -
ゴールデンサンストーン -
ラブラドライト -
チャロアイト -
スギライト -
ラリマー -
クンツァイト -
ターコイズ -
カイヤナイト -
ギベオン -
本翡翠(ジェイド) -
モルダバイト -

    ※相性表の上で◎の関係になっていれば、石の種類が増えて5種類、6種類になっても問題ございません。
    ただし石の量が少なすぎると波動が心身に伝わりませんので、以下の最低必要質量をお守りください

    <最低必要質量>
     8mm玉の場合・・・5個以上
    10mm玉の場合・・・3個以上
    12mm玉の場合・・・2個以上
    14mm玉の場合・・・1個以上
    ※ただし、ラリマー・スギライト・チャロアイト・タイチン金ルチル・ギベオンのように波動の強い石の場合には半分の量で結構です

    ※表に入りきらないため欄外に記載をしますが、「パイライト」「セドナ・ストーン」もすべてのストーンに対して相性の良い関係(ALL◎)です。
    ※上記に掲載をしていないストーンについてはこちらを参照下さい→こちら

    ◎=相性が良い。同じブレスレットに組み込んだり、2本のブレスレットを同時に装着をすることで相乗効果が期待できる。
    △=人によってストーンの信号を心身が読みきれず、消化不良となってしまうことがある。悪影響を及ぼすことはないので装着は可能だが、効率が悪くなることがある。
      同時装着や1本のブレスに混在させるよりも、時間帯による付け替えがお勧め。(ペンダントとブレスレットのように装着場所が変わる場合も同じ)

    (注意)
    様々な石の波動を受け入れることのできる人と、消化不良になってしまう人がいるため、そのように個人差が発生しやすい組み合わせは「△」としています。
    「△」は石の魅力が全く引き出せないというわけではありませんので、自分で使い慣れている石であれば、上記の表に関係なく自由に組み合わせて結構です。
    上記の「相性表」は装着をする際の相性です。浄化や管理についてはすべて一緒に行なって頂いて全く問題ございません。

Window Close

Copyright (C) Island Avenue Corporation Ltd. All Rights Reserved.