九星気学・風水研究所  トップページへ戻る

第15号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

九星気学トラベル風水研究所(第15号)

株式会社タケホープ気学研究室 監修 醍醐虎之介

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

みなさんこんにちは! お久しぶりです。

先月は春休みを頂きましてありがとうございました。

すっかり祐気取りでリフレッシュして帰ってまいりました。

公には5月18日から29日までの12日間の休業でしたが、実際に

は鑑定や注文、そしてコンサルタント業務の処理に当たっておりまし

たので、パソコンを完全に停止して祐気取り旅行に行かれたのは5月

23日から27日の5日間だけだったんですけどね。

しかし短くても五黄中宮月の祐気の強いフィジーに行くことができま

したので、充実した余暇を過ごすことができました。

あっという間に仕事が溜まってしまって再びバタバタしておりますが、

今後もできる限り皆さんの役に立つ気学情報をお送りいたしますので、

引き続きよろしくお願い致します。

 

 

★第13回コラム 〜フィジーでの祐気取り法&祐気取り報告〜★

 

 

私自身の祐気取り旅行について記述するのもなんだか申し訳ない気が

しますが皆さんからのご要望も多かったので、旅行の報告を交えつつ

フィジーを例にとって祐気取りの方法とその心構えについて述べたい

と思います。

 

フィジーはハワイやフロリダなどのリゾートと比較しますと、正直な

ところ完成度は数段落ちますし、まだまだ発展途上国の色が強く残っ

ています。しかし日本から手軽に行かれる東南の祐気取りポイントと

なりますとフィジーくらいしかないので、祐気の吸収を第一目的とし

て私は年盤・月盤で吉方位になるたびに訪れています。

 

フィジーでは特に何をするということはないんですけどね。今回は雰

囲気が良くて料理も耐えられる?シェラトン・デナラウ・ロイヤルに

3泊しました。最も祐気の強い、神々の住む島「マナ島」へは日帰り

で訪れて、昨年の8月に滞在したときに埋めておいた我が家の水晶と

と印鑑を掘りおこしてきたんですね。水晶は定位置の玄関に再び戻し

ました。マナ島内に滞在してもいいんですけど、なかなか料理が厳し

い?ものがありますからね。今回もマナ・アイランドリゾートの西村

社長にお会いしたので、料理をなんとかして〜って(毎度のことです

が)言ってきました。

 

もちろんマナ島ではお砂取りと貝拾い、下着埋めをして、おまけにダ

イビングをしてきましたよ。お砂は帰国後に家の東南方位に置いて、

残りを観葉植物、野菜のプランターにまきました。

 

フィジーは自給食材が乏しい国ですので料理から現地の祐気を吸収す

ることは難しいんです。ですから特にフィジー料理を食べることはな

く、行きつけの日本人経営の料理屋さんで夜遅くまで飲んで過ごしま

した。

 

フィジーには多くの日本人が滞在しておりまして、遠洋漁業を中心と

した貿易業を営む方やODA関係者、旅行・ホテル関係者、そしてキ

リバスやトンガといった周辺諸国への業務の基点としても多くの日本

人がフィジーに集まってくるので、彼らの近況を聞きながら夜はバー

でお酒を飲んでいました。私が鑑定をして貿易で大成功を収めた元プ

ロ野球選手も首都のスバに滞在しているんですよ。

 

通常、観光でフィジーを訪れる場合にはナンディ空港から近いデナラ

ウエリアか、ママヌザ諸島エリア(マナ島やマロロ島、ビーチコマー

島など)、そして空港から2〜3時間の距離にあるコーラルコーストエ

リア(シャングリラやワーウィック、アウトリガーなどのホテルが集

まる)の3つが中心となります。

 

デナラウエリアは黒砂のため海はあまりきれいではありませんが、空

港からの距離が近いので移動が非常に楽ですね。ナンディタウンにも

近いので買い物や食事には困りませんが、もともとこの国はショッピ

ングを楽しむほどの規模ではありませんので、買い物目的でフィジー

を選ぶのはやめたほうが良いでしょうね。

 

一方、海でのんびり過ごすのであればママヌザ諸島で過ごす方が良い

でしょう。

日中はマリンスポーツをして夜はゆったりと過ごします。祐気取りで

はとにかく朝早く起きて、7時ころからは裸足で海岸を歩くことで祐

気の吸収と過去の凶作用の浄化をするのが最も効果的ですから、海岸

の近くに滞在した場合には必ず行なって頂きたいと思います。

 

コーラルコーストエリアもママヌザ諸島と同様にホテル以外には何も

ありませんので、ホテル内の設備を使って過ごすこととなります。海

外でドライブをするのが好きな方はこのエリアを拠点にして首都のス

バまで足を運ぶこともできますが、運転しにくい道も多いのでスバに

特別な目的がないのであれば砂浜でのんびり過ごすほうがずっと効果

的な祐気取りとなります。

 

★★★

 

フィジーにはハワイのような買い物や娯楽を楽しむ場所がない分、読

書やスポーツなどをしてゆっくり過ごすこととなります。

何もない場所では何もないなりの楽しみ方を見つけることで、本来の

自分を引き出すことができ、祐気を吸収しやすい心身も形成すること

ができるんですね。

 

昔の人は日の出とともに起きて、日の入りとともに寝る生活をしてお

り、コンクリートとは無縁の大自然の中で暮らしておりました。当時

の人たちは私たちよりもはるかに五感が発達しており、五感を超越し

た右脳や霊感といった第六感の領域も発達していたんです。

 

自然に触れる機会の少なくなった私たちは都会で暮らせば暮らすほど

気のパワーが失われていき、凶作用が蓄積していきます。もちろん定

期的な祐気取りによってそのパワーを回復させながら幸せに生きてい

くことができるのですが、ただ単に吉方位に行くだけでなく、自然に

合った生活リズムを取り入れたり、大自然と触れ合うことによって更

に吉方位の祐気の吸収が高められていくのです。

 

もちろん祐気取り先として都市や観光地で過ごすことだけでも高い祐

気は得られますが、その祐気をさらに吸収しやすく継続しやすい状態

にするためには滞在中最低1日でも結構ですから静かに自然と触れ合

う時間も必要と言えます。

 

ですから祐気取り先では意識的にテレビの音声や交通騒音から距離を

置いて、自然を五感で感じ取る時間を少しでも多く取り入れるように

して頂きたいと思います。

 

山や海で過ごすことができれば最適ですが、それだけでなく滞在先で

ジョギングをしたり、トレーニングジムへ行ったりしてたくさんの酸

素を吸収し、汗をかくことも自然との接点になります。またエステや

マッサージを受けてリラックスすることでも自然のリズムは取り戻せ

るんです。

 

私の場合フィジーでは夜更かしはするものの朝早く起きてビーチを裸

足で散歩します。朝食後にはさっそくプールサイドで昼寝タイムとな

ってしまいますが、その後、ダイビングをしたりトレーニングジムや

テニスで汗をかいて夕方にはマッサージを受けるんです。シェラトン

の場合にはマンダラ・スパというマッサージ&エステがあるので、夫

婦で毎日通ってしまいますね。

 

フィジーに限らずスポーツが苦手という方は朝昼晩をひたすら睡眠で

過ごすことでも自然のリズムを回復させることができます。旅行先で

ショッピングを楽しむことも良いですが、できるだけ普段の生活では

できない自然との触れ合いを大切にして頂きたいと思います。

 

現在のフィジーは治安も安定して過ごしやすくなりましたので、今年

が吉方位となる一白、二黒、五黄、七赤の方たちはぜひとも計画をし

てみてください。

 

 

★水晶特集 第4回〜MY水晶の育て方〜★

 

 

前回までで水晶の種類と特徴について勉強しましたので、みなさんは

どのような水晶をもつと良いかがお分かり頂けたかと思います。

水晶特集の4回目の今回は実際に手にした水晶をどのように育ててい

けば良いかについて勉強しましょう。これは

 

@身に付けたりかばんやポケットに入れておくタイプの水晶

A家宅の特定の場所に置くタイプの水晶

 

とでは「水晶の育て方」が異なりますのでこの2つを分けてご説明いた

します。

 

まず「水晶を育てる」ということはどのようなことかを説明致しましょ

う。

水晶を購入したらまず水晶に刻まれている様々な気をクリアにするた

めに「浄化」をしなければならないことはお伝えいたしました。「浄化」

が終了すれば水晶を身につけたり、家宅の特定の場所に置きはじめる

ことができます。

 

これだけでも身に付けた人、または置いた家宅に対して凶作用の軽減

や潜在能力の引き出し、気の活性化などの作用が起こり始めるのです

が、さらに高い効果を出すために、自分の気を映しこみ、自分の波長

を水晶に認識させることで、いわば「主治医」のような存在にすること

ができるのです。

 

このことを「アチューンメント(同調)」と呼んでおり、アチューンメ

ントがすすんだ水晶を通称「MY水晶」とか「MYHOME水晶」などと

名付けております。「MY水晶」の場合は身につけるタイプか持ち運び

タイプの水晶となりますので、個人専用ということとなります。クリ

スタルクォーツのブレスレットやペンダント、ネックレスなどが最適

でしょう。

一方、「MYHOME水晶」の場合は家宅を吉相に変えるのが目的です

から、クリスタルクォーツやローズクォーツ、アメジストなどの原石

や球体の水晶が最適でしょう。

 

まずは「MY水晶」のアチューンメントについて説明しましょう。

具体的にアチューンメントを行なう方法は、いたってシンプルではあ

りますが、とにかく最初は水晶を手のひらで握って話しかけます。小

さいものであれば左手で、大きいものであれば右手を添えて結構です。

利き手に関係なく左手の方が気の映しこみがしやすいですから、あく

までも左手から気を発するように意識して下さい。

 

「話しかける」というのはなんとも非科学的な方法ではありますが、こ

れが非常に効果的なんです。気のパワーが強い人であれば念じるだけ

でも十分、アチューンメントができますが、通常はできるだけ五感を

使って気を増幅させたいですから、実際に言葉に発していただきたい

と思います。

 

具体的に話しかける言葉としては、なんといっても「ありがとう」が最

適でしょう。

ウソ発見器を発明した旧ソ連の科学者セルゲイが実験した、言葉が発

する気の実験結果によりますと、「ありがとう」の言葉を発したときに

一番アチューンメントに適した強い波長を発していることが分かって

おり、その後、花や木の成長実験においても最も成長ホルモンの造成

がすすむこと、水晶の結晶実験でも最も正六角形を形成することが実

証されております。

 

水晶に対してはその輝きやエネルギーといった水晶の存在自身に「あ

りがとう」と言葉をかけてあげて、またあなた自身を守ってくれている

こと、一生懸命にあなたの気の浄化させてくれていることについても

感謝を致します。

水晶のアチューンメントにおいてかける言葉というのは他にもいくつ

かありますが、まずはこの「ありがとう」の一言にすべてを集約させる

ほうがかえって同調が早くすすむと言われております。

 

そしてアチューンメントをする中で時々あなたの願望を唱えます。こ

のとき悩みや恨みといったマイナスの気をおくることは決してせずに、

自分の理想としている幸せな姿だけを願望として思い描いてください。

唱える言葉はシンプルに「健康を取り戻したい」や「私に合った異性と

出会いたい」などで結構ですが、あまりにも利己的な願望はマイナス要

因となります。

 

どのくらいのアチューンメントによって「MY水晶」として機能するか

というのは石の結晶構造や身につける人の気の状態などによって大き

く左右されますが、購入して浄化が終わったら、身に付けながら1日

に1〜2回ほど話しかけることで、早ければ1〜2週間ほど、遅くと

も6ヶ月くらいでおおよそ完成されます。具体的に体調が良くなった

り、精神が安定したりして実感をすることができますので、水晶の機

能を最大限に引き出すことができるでしょう。

 

MY水晶は親友であり恋人のような存在となりえます。

水晶というのは存在は小さくても偉大なるパワーを秘めています。効

果を実感すれば古来より重宝されてきた理由をおわかりいただけると

思います。

 

次に「MYHOME水晶」についてですが、こちらは個人の気を映す必

要がない分、家宅とアチューンメントをさせなければなりません。

とはいっても家宅に話しかけてもらうことはできませんから、その住

人に気をおくって頂かなければなりません。この場合、まさに番犬を

かわいがるように「留守をよろしくね」とか「ただいま」と声をかけるだ

けで、不思議と水晶に対して家を守るための存在として波長が送られ

ていきます。こちらもなんだか非科学的な気がしますが、言葉の力を

信じてぜひとも実践して下さい。

 

水晶と上手につきあっていただき、祐気取りや方位取り、家宅風水の

効果を最大限に引き出していただきたいと思います。

 

 

★★★

 

水晶に関するご質問は掲示板ではなく、メールにてお送りいただ

きたいと思います。その際、個別の回答ではなく、メルマガのこのコ

ーナでまとめてお答えしたいと思います。

 

★★★

 

 

第15号は以上となります。

今月はとにかくワールドカップでの日本代表の活躍に期待ですね!

みんなで応援しましょう!!

 

当マガジンについての疑問・質問そして体験記は、

掲示板 http://6610.teacup.com/tora/bbs

かメール take-hope@nifty.com にてご連絡下さい。

お待ちしております。

 

それではまたお会いしましょう!さようなら!!

 

第16号へ
バックナンバーリストへ


このサイトはNetscape4.0、Internet Explorer4.0以上でご覧頂くことを推奨いたします

Copyright (C) 2001 TakeHope Corporation Ltd. All Rights Reserved.