九星気学・風水研究所  トップページへ戻る

Q1〜Q30
Q1 家を建てて引越しをする場合、方位を考えなければいけないのは、「家を建てるとき」「契約をするとき」「家が出来あがったとき」「引越しして住み始めたとき」の中でどの時点のことをさすのでしょうか?
これは間違いなく「引越しして住み始める時」です。そして一度住み始めたら、60日間は必ず新居で寝るようにして下さい。たしかに契約をする日は日盤や月盤で吉方位であるほうがその後のやりとりがスムーズに行きます。また建築開始日は土用期間を避けることも必要です。しかし何といっても最も「気」の影響を受けるのは本人が動く時、つまり住み始める時となるのは気学の鉄則です。住み始める日の吉方位を基準に方位を決めるようにしましょう。
Q2 毎日仕事場に行きますが、風水でみればその年によって吉方位のこともあれば凶方位のこともありますね。 何か気をつけたほうが良いことがあれば教えてください。
 仕事場の方位というのも基本的には関係があります。しかし、どなたも仕事場には毎日8時間以上いると思いますので、実際には「気」の拠点が職場にも移ってしまうんですね。通勤が始まって半年もすると「気」の拠点が二重化します。しかし、あくまでも「気」の拠点は睡眠をとる場所がメインですから8:2か7:3程度の割合で自宅中心と考えてください。そして「気」の二重化が進み、半年経ってある程度安定してきたらその2地点間の移動に関しては「気」の影響がなくなります。
Q3 転職などの時にも方位は関係しますか?
転勤などで職場が新しく変わるときには、引越しと同じように考えなければなりません。やはり通い始める時期が悪い方位だとその方位の影響を受け続けます。特に本命殺や本命的殺の方位に転勤すると才能があっても職場で孤立する例がたくさん出ていますし、五黄殺や歳破の方位だと本来の能力が発揮できないことが非常に多いです。さらに同じ会社でも移転などがあった場合も引越しと同じ考え方ですが、「気」の二重化の影響などもありますから方位の判別は非常に複雑になりますね。
Q4 何事も長続きをしない性格…。こういった性格の問題点も風水や気学で何か解決のヒントが得られるのでしょうか?
根気の象意をもつ二黒土星(西南)と集中力の象意をもつ一白水星(北)の凶作用を受けていませんか?この方位に祐気取りをすることが何にもまして特効薬です。そしてそれを維持するためには家宅風水によって西南と北を清潔にしておくことも大切ですね。特に家(部屋)の西南方位が欠けている形状の場合、または水場やゴミ捨て場がある場合は根気がなくなりますよ。悪化すると家族が不仲になりますから、粗塩と観葉植物を置いて清めましょう。
Q5 国内で祐気取り旅行をする場合、200kmに満たない場所が最先端(東京からみた銚子など)になってしまう場合、そこに旅行へ行っても祐気取りにはならないのでしょうか。
国内旅行は200Km未満あっても効果はあります。もちろん自宅から近ければ近いほど「気」のギャップが少ないですから効果は小さくなりますが、人によって(移動の少ない人など)は20km以上でも体感できますので、近くてもこまめに取った方がよいですよ。近くの場合は相乗効果のある温泉やお水取りをするといいです。小さい方位取りが大きな方位取りのチャンスを生みますからね!
Q6 知人が「作詞家」になる為に、音楽事務所などに作品を送っています。しかしなかなかうまくいきません。そこで気学を取り入れることによって、何かしらの効果は期待出来るでしょうか?
作詞家のように才能を引き出して仕事にしていくためには、その才能を発掘するために南、実力があっても道が開けないという場合は、道を開く東、目上の人の援助を受けやすくする西南、そして名声と地位を手に入れる北西と南→東→西南→西北という順番で方位を取ると確実です。南はもう終わっているので第二段階の東から取ってみましょう。
Q7 自分のプライベートは秘密にしたい。そして、噂をされたくないといった場合、どのような方角で祐気取りをすれば効果的なのでしょうか。 また、家の中で何か気をつけることはありますか。
噂になったり秘密が漏れたりするのは北の凶方位を侵したときに発生しますよ。北の吉方位をとることによって秘密が漏れない効果が出ますので、ぜひ試してください。また部屋の南の日当たりが悪い場合に噂話が広まることがあります。観葉植物を置いて南の「気」を安定させることも効果がありますよ!
Q8 付き合っている彼がいるんですが、その彼が今年に入って浮気をするようになりました。彼の気持ちを前のようような優しく一途な気持ちに戻すにはどうしたらいいですか?
男性が西の凶方位を侵していませんか?その場合は男性側に西の吉方位を取らせて西の浮気心の芽を摘むと良いですね。次に女性の方は東南の方位を取れるといいですね。なかなか日本からは東南が取れないですが、チャンスがあれば国内でも良いので試してみてください。そして二人で吉方位をとるなら北が一番です。これら西、東南、北のどこの「気」が弱っているかによって浮気対策は変わってきますので、状況に合わせて実践してみて下さい。
Q9 入学や就職先も自宅からの方角が重要なのでしょうか。もしあるとすれば、距離も関係してくるのでしょうか。たとえば、200キロ以下の近場だと月の方位でみて年の方位は関係ないのでしょうか。
まず学校や職場は毎日通うことから、小さな移動の連続と考えられます。ですから基本的には近くであれば月盤と日盤が基準となるのですが、実は毎日移動しますから気の拠点がある程度、自宅との間で2極化してしまうんですね。そうなるまでの過程では引越しと同じような気の流れとなるため、じわじわと年盤の影響も受けてしまうんです。あまり方位にこだわりすぎると何もできなくなってしまいますので、あまり神経質になる必要はないんですが、優先順位として、月盤>年盤>日盤となりますので、もしも凶方位を侵している場合は、気の2極化が安定する数ヶ月間はできるだけ静かに、自分をあまり表面に出さずに過ごして下さい。普段は明るく環境になじみやすい人でも、なぜか今回だけは浮いているような雰囲気がする…といったケースではこのように気の2極化が安定するまで凶作用を受けている例です。しかし、年盤・月盤・日盤の2つ以上で致命的な凶作用を受けた就職(入学)の場合は、残念ながらずっとそこでは本来の自分が発揮できないといったことに陥ってしまいます。2つ以上の致命的な凶方位が重なっている場合は、どれか1つでも避けてスタートをスムーズにすると、通学を始めたら急に病気がちになってしまったり、性格が変わってしまったりといったことは避けられますよ!私の鑑定では最初の数ヶ月間を親戚や祖母の家から通って、最大凶方位を回避したケースも数件あります。どうしても方位が悪い場合は、まずは初日だけでも方違えを実践してみましょう。年盤・月盤の方違えは2ヶ月以上も転居しないと実現しませんが、日盤の方違えは前の日だけで効果十分ですからね!このように年盤や月盤に比べると効果の非常に小さい日盤ですが、スタートの日をを凶方位でスタートをすると、凶作用が凶作用を呼ぶといった現象が起きますので注意しましょうね! 日盤は物事のスタートと変化に影響しますからね!
Q10 運を開く引っ越しって遠い程効果があるそうですが、たとえばとても近い場合は気にしなくていいのでしょうか。自分の敷地内に家を建てたり住所が同じアパートやマンションの別棟に移る時近いと方角がいくつもまたがってしまいます。この場合家の中心どうしで方角みるのでしょうか。それとも気にする必要ないんでしょうか。また階下に移るときはどうなんでしょう?教えて下さい。おねがいします。
たしかに敷地内転居の場合は距離のある引越と比べると気の影響は少ないですね。しかし、家宅風水と増改築の気の影響は受けますので、レイアウトがどのように変わったかによって、気のバランスの変化を検証する必要があるんです。気の変化に敏感な人は敷地内転居でも吉凶の影響を受けますので、旅行や引越歴が少ない場合は注意が必要ですね。特に現在の位置よりも東北方位や西南方位にずれるようであれば鬼門(裏鬼門)の増改築のような影響が強く出てきます。そして、気の拠点の移動は基本的には家の中心がどちらの方位に移ったかを見ますが、敷地内転居の場合は、枕の位置がどちら方向に動いたかも考慮する必要があるんです。詳しくは鑑定をしないとわかりませんが、現在強い凶作用を受けていたり、引越歴が少なかったり、移転先の間取りが悪くなければ、土用期間中を避けて、枕と中心の移動方向が五黄殺を侵していなければ、他の要因はあまり気にする必要はないですよ。
Q11 諸説あって迷うのですが…どちらでしょうか?引越をする時、@家族全員が吉方位でなければならない(吉作用の人がいても、凶作用の人からの影響が強く、吉で来た人も凶に変わってしまう)A凶作用の人がいても吉作用の人には影響しないB大凶以外はさほど凶作用は出ないから気にしなくてよいC主人の吉方位を重視するD家庭の主婦(家にいる時間が長い人)を重視する引越先のレイアウト(間取り)は全く気にしなくてもいいのでしょうか?引越先で何十年と住む場合、引越をした時期(方位取り)と家のレイアウト(間取り)とはどちらが影響が強くなってきますか?間取りで最低限気にしたほうがいいところなどありますか?玄関、または自分の干支の方位など…。いろいろ質問してすみませんがよろしくお願いいたします。
まず家族全員が吉方位というのは現実問題として難しいですよね。そこで誰を基準に引越をするかということになるのですが、ご人のケースと奥様のケースはご主人と奥様の星の関係が親星か子星かによって変わってきます。必ずしも長時間家にいるからといった見方ではなく、影響を与えやすい人か受けやすい人かによるんです。しかし、ご主人の運気をどうしても上げておかなければならない場合は星によるハンデがあってもご主人に合わせなければなりませんし、ご主人が決定的な凶方位で影響を与えやすい星であれば避けなければなりませんので、ご家族の関係と生活スタイルによって、トータル的に考えなければなりませんね。ですから@〜Dのどれとは決められないです。星によっては凶方位の影響を家族に与えてしまうこともありますしね。そして引越先のレイアウトはもちろん考える必要があります。家は運気の受け皿ですから、せっかく方位取りで得た吉方位も蓄積できない間取りではすぐに運気が下がっていきますからね。方位取りは攻めの気学(運気を取りに行く)、家宅風水は守りの気学(気を蓄積または増殖させる)なので10年後の影響の強さも、運気の貯金の大きさと運気の出口の大きさによりますよ。間取りが悪ければ1年も経たずに運の貯金を使い果たしてしまいますからね。レイアウトの吉凶はメルマガでもお伝えしたとおり非常に複雑なので鑑定しないとわかりませんが、まずは水まわりです。おまじないみたいですけど本当に盛塩は効果が高いんですよ。塩は陽気を発する一番のアイテムですから気の陰性が強い水まわり、玄関は盛塩で気を整えてください。
Q12 かわいがっていたハムスターが死んでしまい、庭にお墓を作ろうと思っているのですが、絶対に、お墓を作ってはいけない方位はありますか?方位のほかにも何かアドバイス等ありましたらよろしくお願いいたします。
隠宅風水(墓地気学)ですね。これは非常に奥が深くて複雑なんですよー。といっても今回は人間ではないですから、大丈夫です。動物のお墓の場合、まず方位学の見地から、五黄殺と土用殺、東北(鬼門)、西南(裏鬼門)は絶対に避け、できれば南、東、西北を避けます。(人間の場合は西北はベスト)つまり北か西で五黄殺が回っていないときがベストですね。東南は可です。次に隠宅風刺の見地から、必ず人間>犬猫などの哺乳類>その他の脊椎動物>無脊椎動物の身分関係が成り立つような墓石と位置を守って下さい。お花をそえて気を安定させるとなお良いですね!
Q13 うちの主人はマスコミ関係で週の半分は帰宅できません。世のこのような職業の方々は吉方位の引っ越しができない運命なんでしょうか。(60日自宅で就寝することが方位取りの条件ならば)その場合凶方の影響もなくてすむのであれば私の吉方にあわせて引っ越しをしようと考えております。大丈夫でしょうか。
確かに就寝場所が不規則な方は気の拠点がぼやけてきますので、吉凶共に方位の影響に対して鈍感になってきます。しかし、半分は帰宅するのであれば効力は弱いものの吉方位転居は有効です。ご主人と奥様のどちらの吉方位に合わせるかは鑑定をしないとなんともいえないですが、このケースの場合、奥様の方が全体運は上がるかもしれませんね。ただし、ご主人にとって決定的な凶方位ではないことが条件です。
Q14 この1年、夫と私は毎月祐気取りをしました。年盤、月盤とも吉に合わせ、凶方位には行かないようにし、(日盤は見ていませんが)両方の吉方位以外は互いの吉方位に別々に出かけ、1泊〜7泊してきました。おかげで今ではお金がすっかりなくなっちゃいました(^^;)。それでもなぜ毎月無理をして祐気取りをしたのか、と言うのも夫の具合が悪く(実際に体が悪いのでなく、いわゆる心の病です)長期会社を休んでいたからです。それでも効果があると思い、強引に行かせていたのですが、悪くなる一方です。そこで今まで行った方位をある鑑定士に見てもらったところ、「行っている方角とかは悪くないが、本当にその会社が夫にとって向いていないところだとしたら、具合が悪くなるなど、辞める方向に向いていく。でもそれは後になると本人にとって良かったことになる」と言われました。私は祐気取りをすると心身とも元気になる方向へ行くと思っていたのですが。もし、そうなのだとしたら、夫は会社を辞めることはしないと思うので、体に負担になるだけになるのではないかと思ってしまいます。どうなのでしょうか?教えてください。よろしくお願いします。
吉効果が出てくると悪いものを排斥し、良いものを受入れようとする判断力が意識・無意識に関係なく備わるのは確かです。そして特に人間関係においてマイナスとなる人物との距離を置くように働きかけることがあり、周辺環境(仕事や趣味など)においてもその作用(環境拒絶)が存在するのは確かです。しかし、吉方位を取ったにもかかわらず好転しないからといって、すぐに環境拒絶としたその鑑定士の判断は少々安易に思います。身体に危険を及ぼす職業か、その他特別な要因がない限り、体調が悪くなって環境拒絶をするといったケースは起こりません。環境拒絶を持ち出せばほとんどの事例について言い訳がつきますからね。これでは気学の意味がなくなってしまいます。このケースで環境拒絶が起こるのであれば、リストラや会社の倒産、転職のチャンスが訪れるといったものが多く、むしろ家宅風水か隠宅風水において致命的な凶作用を受けているのではないでしょうか。過去の引越を含めてその点を調べてみて下さい。
Q15 最近入ったアパートのちかくに電圧線があるのですが、電磁波は悪い影響を持つと聞いたので心配です。引っ越した方がいいのでしょうか?
確かに高圧線は気を大きく乱します。引越しをするほどの影響かどうかは詳しく鑑定しないとわかりませんが、家の中の観葉植物や生き物の命が短いとか、電化製品が不安定といった事象がでるのであれば、間違いなく引越しをしたほうが良いです。そこまでいかない場合は、枕を高圧線に対して最も遠い方向に向けて就寝し、電磁波が増幅しないように音響製品と電子レンジも高圧線から最も遠い方位に置いて観葉植物や水晶を寝室に多めにおくことでかなり影響は防げますよ!
Q16 こんにちは。水晶玉の購入を考えているのですが、水晶玉のカタログをみたところ様々な種類のものがあって、どれにしたらよいのか迷っています。大きさや原産地、透明度の差や針状の結晶(ルチル?)の入ったものなどで効果に違いがあるのでしょうか?
水晶はまず天然水晶を購入することが最重要ポイントです。人工水晶は一度溶かしてから再生させるため石英の結晶構造が壊れてしまっているので、見た目は同じですが効果は大きく違いますので間違えないようにして下さい。ルチルは高価ですが気の吸収が良いので、よいものが手に入ればルチルの方が良いですよ。大きさは大きいほうがそれだけ気の吸収がよいですが、常に身につけないと効果がないですからね。身につけられる限界とするとブレスレットで10〜14ミリ玉が限界ではないでしょうか。ネックレスの場合は8ミリ以上はほしいですね。 また部屋の気を安定させる場合は、身につける必要がないので大きなものを枕もとに置いて下さい。原産地については現在はこだわらなくてもいいです。ブラジル産に良いものが多かったのですが、少し透明度が落ちてますので天然物は国内外とも均一化しています。水晶について1つ注意。まだ吉の気を十分にいれていない状態の水晶は、絶対に凶方位で身につけないで下さいね。もっていくのはいいですが身につけると水晶が凶の気を帯びてしまいます。吉方位に数回身につけて、十分吉の気を帯びた水晶は、凶方位に行くときの凶作用軽減効果がでてきます。しかし、凶作用へ行った後は、必ず太陽か月の光に1日あてて、邪気を追い出してから再使用して下さいね。
Q17 海外旅行の出発日についてなのですが、メルマガを読むと日盤はスタートに影響するのでなるべく吉方がよいとありました。1月にフィジーに佑気取りにいくのですが、日破殺をさけても出発日が五黄方向か、それをさければ旅行日程が土用に入ってしまいます。トータルでみた場合どっちを選択したらよいのでしょう?出発日が限定されてる場合、優先順位の目安があれば便利なのですが。よろしくお願いします。
優先順位ですね。まず現状で強い凶作用を受けている人の場合は、日盤の影響で大きな魔が入ることがあって、その旅行に大きなトラブルを起こすことがあります。逆に現状で凶作用が少ない人は日盤による魔は少ないので、すぐに月盤の支配範囲に移行することができるんですね。土用はたしかに、吉方位の効果を低減させますが、凶作用がでるわけではないので現状で大きな凶作用を受けていて、日盤の影響ですら反応が強いという場合は日盤を優先したほうが良いです。ただし注意するのは、日破と五黄殺と暗剣殺だけでいいですよ。最も怖いのは日破と他の方殺が重なってる場合です。それ以外は気にぜずに強行出発してしまいましょう!
Q18 お砂取りの時間の指定などあるのでしょうか?
お水取りの場合は水を採ったとき、つまり水が動から静へ変わる瞬間の気がそのままの残りますので時間帯も関係してきますが、お砂取りの場合は性質が異なりますので時間帯はあまり関係ないんですよ。むしろ太陽が南中する時間(昼の11時30分〜12時)がベストで、その前後2時間くらいであれば良い気を帯びた砂が採れますよ。またお砂取りでは無外泊は必要ありません。
Q19 吉方の海外旅行先で海岸の砂をとってこようと思うんですが、有効でしょうか。旅行先のお砂取りは滞在中の吉日や時間を調べる必要はあるんでしょうか。その場合現地での日盤を使うのでしょうか、また土用にかかる場合はその前に採取するべきですか。
旅行先のお砂取りは海外でももちろん有効ですよ!ちなみに私の家はフィジーのマナ島の砂でいっぱいです。土は食物検疫上、輸入禁止ですが、砂は学術上、岩石の部類になりますので、輸入できるんですよ。そして海外に行ってしまったら、日盤はまったく気にする必要ありません。しかし、土用期間を避けられるのであれば避けて下さいね。
Q20 お砂取りについてですが、量はどれくらいがいいのでしょうか?持ち歩いたり畳の下に置くとかききますが。。あと、効力はどれくらいですか?いろいろな場所から持ってきた砂はケンカしてしまいますか?よろしくお願いします!
採った砂ですが、持ち歩いても水晶のように人全体に与えるような大きな効果はないので10グラムくらいを小さな袋に収め、財布やバッグといった小物に入れてその小物自体の吉作用を上げるといった、部分的な使い方が最も効果的です。不動産屋さんに怒られてしまいますから大きな声では言えないですが、畳の下には1枚の畳につきコップ半分程度を満遍なく敷き詰めると非常に家の中に吉作用が残ります。しかし、採った砂が家族全員にとって吉方位なのではない場合は、行わないほうが良いです。あくまでも方位の気を吸収した物質なのですからね。またいろいろな方位から砂を採ってくるのは問題ないですが、混ぜ合わせて使うことはあまりお勧めしません。これは自分にとって吉方位だったとしても、砂どうしは相生だとは限らないからです。入れ物をわけて別々のところに置きましょうね。
Q21 水晶についての質問なのですが。凶のパワーを帯びた水晶はみにつけられないとありましたが、たとえば吉方で吸収させた水晶のブレスをアクセサリーとして日常で使う場合は、(つまりあちこち外出したり通勤したりで細かく移動が繰り返される状態で吉凶が混ざってしまうような時)どう気をつければよいのでしょう。知らないうちに凶の気が蓄積していたなんてことがおこりうるのでしょうか。よろしくお願いいたします。
水晶は日常で使うのは大歓迎なんですよ!凶作用を帯びるのは、遠距離の凶方位へ行った場合であって、具体的には200Kmは超えなければ問題ないです。(しかし五黄殺・暗剣殺の場合や温泉などは念のため50Kmくらいではずいたほうが良いですね)それ以下であれば、むしろ水晶の効果を受け、凶作用から守られますからいわば近距離用の魔よけといった感じでとらえていただいて結構です。
Q22 「定位対冲方位」というものについて、一白水星の定位は北なので一白が南に回った時の南方位は(他の星もそれぞれの定位の反対に回った時の方位)誰にとっても凶方位になるということを聞いたのですが、そうなのでしょうか?  HPの凶方位の種類には無かったと思うので、よろしくお願いします。
これは水火殺といって非常に古い理論なんです。たしかに理論上は相剋関係の強い水と火が同居する方位は凶方位になるように思われますが、これはあくまでも家宅風水において恒常的に影響し続ける物質、つまり南の方位に水槽を置き続けるといったケースで発生するものであって、今では方位学にこの理論を当てはめるケースは実証がないため完全に消え去っている理論です。相剋が強いといっても、火と水に限定したものではなく木と土、金と木などすべての相剋関係でこの理論が当てはまってしまいます。これをすべて考慮すると現在の吉方位はさらに半分以下に減ってしまいます。遁行する方位と定位が相剋となっても、吉効果がやや低減されるだけで、凶作用に一転し水火殺の中でもっとも影響が強いとされていた、六白中宮の南と四緑中宮の北のときは確かに吉効果が薄くなってきます。しかしあくまでも効果が薄くなるということですからね。
Q23 水晶の充実したHPを見つけたんですが、ブレスのアクセントでめのうや虎目石、ローズクォーツ、ヘマタイトなどがそれぞれ使われていました。水晶のみというのもありますが、可愛い方に目がいくのも当然の性で気学上は相性がよくない石ってあるんでしょうか?
アクセント程度であってもできればめのうと虎目石、ヘマタイトは避けてほしいです。使い方を間違えると凶作用になりますからね。ただし、めのうは男性ならOKです。女性の場合はなんといてもローズクォーツはいいですね。気持ちを優しくして女性らしさを際立たせます。太古より恋愛運の輝石です。石としても使い方が難しくないですからね。デザインを重視したいのであればローズクォーツは可ですが、総合的にはやはり無色(クリスタル)のみが一番ですよ。
Q24 職場や学校そして病院も、通い始めの時の方位が大事だと心得ております。もし通い始めが悪かった場合(私の場合年盤で五黄;;。月日盤では吉方位の病院)、3ヶ月や6ヶ月、間を空けると、リセットされるということはないでしょうか?年月の吉方位で再び同じ病院に通い始めることで吉方位の病院ということにならないでしょうか?通う頻度にもよるのでしょうか?
これは方位取りで気の拠点を移す場合と異なって、ある一定期間をあけると凶作用が消えるというものではないんです。2回目は過去の気と結びつきますので完全には消えないですね。しかし、強烈な凶方位でなければ相当程度軽減されるということで、気学では通っていた日数分あけるというのが有力な説となっているんですよ。これは私もあまり決定的な実証例がないので断言はできませんが1年通った病院であれば最低1年はあけると確かに良いですね。たら様のケースは20q以内の近くの病院であれば、さらに問題ないです。これは月盤と日盤で吉方位でしたからね。この場合の強烈な凶方位とは土地を離れて遠くの凶方位の病院に通ったり、凶方位の旅行先で事故にあってそのまま遠方の病院に入院した場合などです。
Q25 こんにちは。よく占いで”空亡”という言葉を聞きますが、これは九星気学と関係ある言葉ですか?教えて下さい。よろしくお願い致します。
空亡は気学の中の用語ですよ。現代ではなかなか見られなくなりましたね。もともとは羅盤を兵法として発展させた遁甲を家宅風水に解釈しなおした台湾風水の用語で、五黄殺のような腐敗の凶方位があるとされていました。しかし、広い敷地のある宮廷のような家宅風水や兵法、都市の防御などに使うもので現代ではあてはまるものがないので消えてしまいましたね。どちらで探したのですか?いずれにせよ、方位学には関係ないですから、無視して結構ですよ。ものすごく大きい家に住んでいる方は相談して下さい。
Q26 車の免許をとるのにも、教習所の方位は関係しますか?
これはそれほど神経質になる必要はありませんが、30数回の移動が発生しますので遠方の場合は月盤で吉方位のときに始めたほうが、スムーズにはいきますね。私の実証例にはないですが、予約がとりやすかったり、良い教官にめぐったりするはずです。ただし、合宿免許の場合は大きく影響しますから要注意ですよ!合宿免許は長期間なので吉方位で行かれればかなり大きな祐気取りになります。方位は取れるときに取る!が鉄則ですね。そういえば1件ありました。凶方位で合宿免許に行って、なんと途中でストライキになってしまい、一度スケジュールの都合で帰宅したという例がありますね。しかし通学でも合宿でも、凶方位の教習所を卒業したからといって事故に逢いやすいといった例はまだないですのでそこまでは考えなくても良いでしょう。
Q27 パートナーがいる場合の祐気取りについてですが、お互いにとって吉方位に出かけるのがベストだと思いますが、そう簡単には行かないときもありますよね。その時はどちらかの吉方位でもう片方は凶方位をはずせば良いのですか?又、数人のグループの時はどうしたら良いのでしょうか?
方位取り(引越し)と違って祐気取りの最大の難点は2人以上で行なう場合なんですね。こればかりは最良の方法がないんです。同行者との星の関係が相剋・相生にかかわらず自分が影響を受ける側の星の場合(子星・いじめられ星)の場合は相手の吉作用・凶作用の影響を受けますよ。相手は吉方位であれば相乗効果になりますし、凶方位であれば相手の事故に巻き込まれることが多いです。逆の関係であれば吉効果は多少下がりはしますが、祐気取りは成立します。グループで行っても同じで、お互い影響され合いますが、一緒のベッドで睡眠をとるほどの親密さ?ではなければ致命的な影響はありませんね。相手にとっては凶方位で影響の強い星の場合は、寂しいですがなるべく別行動をするなどして相手の気を受けない工夫が必要ですね。
Q28 干支が反対の相手は大凶であるという話をききました。これは、具体的にどういう不幸がまっているものなんでしょう。二人で佑気取りや吉方移転など実施していくつもりですが、凶意の性質があらかじめわかっていたら、お互い対処しやすいのでは、と考えた次第です。また、どちらか一方だけでもいける時に佑気取りを実施するなどで片方だけが幸運体質に近くなったりした場合、相性が悪い=その人物とはかかわらないほうが幸運ということで、離別がおこったりするものでしょうか。それとも、二人の運気アップに役立つものなんでしょうか。克する側が強運になると克される側に対して離別作用がおこるのか、あるいはその反対は?など、いろいろ考えてしまいます。
干支が反対の関係にあることを冲と言いますが、これはメルマガで説明した先天理論になりますね。通常の祐気取り・方位取りでは考えなくて良い要因ですので、HPには記述をしていませんが、確かに相性のスタート地点としてはハンディとなるマイナス要因です。しかしあくまでもスタート地点。気学のすばらしいところは後天的にこの宿命を変えられる点になります。まさに祐気取り・方位取りで相性のマイナス要因を表面化させないようにすることができるんですね。九星の関係が相生・比和であれば干支は気にする必要はありませんが、様々な面で相性が悪いのであれば干支のような先天要因についても気学で処方することができます。ただし祐気取りの結果がどのように現われるかは様々な要因が絡み合っていますので掲示板ではすべてを説明できないんです。これは有料鑑定のときにお伝えしている理論なのですが、例えば干支で子と午が冲になりますが、干支の根源は五行ですので子は水、午は火と考えます。つまり水剋火ですね。ですから両方の相生となる木の方位、つまり三碧と四緑をとれば離別作用を起こさずにマイナス要因が表面化しない場合があります。つまり、どの程度お互いの星が反発してるかによって結果は変わってきますね。このほかに剋す星、剋される星の関係や取る方位の定位と遁行する星の関係なども関係しますので、祐気取りの結果が二人の関係に対してどのような形で現われるかの判断は非常に複雑なんです。ちょっと難しいですかね…。相性についてなかなかHPやメルマガで特集できないのは、上記のようにいろいろな要因が絡み合っているため、文章だけでは分かりにくいからなんです。状況がかなり不利であれば個別に相談して下さいね。
Q29 500km以上の海外における方位取りについてですが、年で吉方位であれば、月で凶方であってもその影響は考えなくていいのでしょうか。(当然、2大凶方は外しますが)研究室には500km以上になると2大凶方以外の影響はないとありましたから。やはり最高の効果を出すためには、年も月も吉方が重なった時を狙ったほうがいいのでしょうか。
確かに500km以上の祐気取りの場合、現地では年盤の影響が中心になります。ですから運命に影響するような作用は年盤のみとなります。これはHPどおりですね。しかし前号のメルマガで書いたとおり月盤で吉方位である方がより高い効果が期待できます。これは旅行開始から空港に行って、手続をして…といった一連の変化のある行動に対して少なからず月盤の気を動かしているため、年盤の効果が現われる間の短期間や旅行中などに吉効果が起こりうるからなんです。大きな効果はないんですが、少しでも楽しい方がよいですからね。その小さい吉効果が大きな吉効果のきっかけを生むかもしれませんから、理想では両方が吉方位のときに祐気取りをして下さい。しかし、これをあまり提唱しすぎると皆さん、最高のタイミングを待ちすぎてなかなか祐気取りに行って頂けないんですよね…。ですからHPではまずは一定以上の効果のある範囲という意味で表記しています。ですから、もしも年盤で吉方位なので月盤で吉方位がとれなかった…という場合でも決して悲観したまま祐気取りをしないで下さいね。
Q30 海外旅行の場合は、自宅からみた空港の方位も考える必要があるのでしょうか。例えば、東北地方に住んでいる人間が成田空港から西方位の海外にいくとする。西はその人間にとって大吉方だが、成田空港自体は、東北からみると南でこれが本命殺だする。国内とはいえ結構な距離なのでそれなりの影響がでるのでしょうか。ここまで考える必要はないのでしょうが・・・・。
成田空港に滞在している時間が2〜3時間で当日乗り継ぎであれば五黄殺と暗剣殺、歳破以外はほとんど影響はないですよ。それ以上の時間ですと月盤や日盤レベルで影響は出てきますが、前述のとおり出たとしてもすぐに消える一過性の凶作用ですからそれほど気にしなくても良いですね。いずれにしても西の大吉方の効果が薄れることはありませんので心配しなくて結構です。しかし、前泊するような場合は大いに影響がありますね。当日乗り継ぎができず、ホテルに1泊滞在する場合は、凶方位ですとせっかくの旅行が最初でつまづいてしまうことになりかねないのでこれは注意が必要です。
Q31〜Q60へ
もくじへ


このサイトはNetscape4.0、Internet Explorer4.0以上でご覧頂くことを推奨いたします

Copyright (C) 2001 TakeHope Corporation Ltd. All Rights Reserved.