ブレスレット修理

パワーストーンを様々な角度から解説
          水晶工房に寄せられた皆様からの疑問・質問をQ&Aにまとめました。


水晶工房Q&A集 (質問文をクリックすると回答が開きます)
  1. パワーストーンの原理と運気のメカニズム
    そもそもパワーストーンって何がどのようにして効果を引き出すのですか?
    運気って何ですか?
水晶工房が運営を開始した頃は数えるほどでしたが、ここ数年で日本中に「パワーストーンショップ」が増えました。

しかし <パワーストーンの原理や運気のメカニズム> について、きちんと説明をしているお店は皆無と言っていいでしょう。

効果がなければ、さらに購入を勧める
そんな売上至上主義のお店が後を絶ちません。

天然石であれば、何でもパワーストーンという名前を付けて商品化をする傾向も年々強くなっています。売り続けるためには、商品数を増やし続ける必要があるからです。

水晶工房が最も大切にする、パワーストーンを使われるすべての人に知って頂きたい
<パワーストーンの原理と運気のメカニズム> は→【こちら】
  1. 水晶工房の7つの特長
    こちらのお店はどんな商品を得意としているのですか?
日本には数多くのパワーストーンショップがあり、それぞれ得意としていることが異なります。水晶工房の特長を7つにまとめましたので、こちらを参照下さい
こちら
  1. 初めてご利用の方へ
    「注文方法」 「精算方法」 「返品規定」 「修理対応」など、販売やアフターケア、クーリングオフに関する基本的な体制を教えて下さい。
詳細をこちらにまとめましたので参照下さい。→ ご利用案内(初めての方)
  1. 会社概要・特定商取引法に基づく表記
    水晶工房を運営している会社について教えて下さい。また、直接店舗に買いに行きたい場合はどこへ行けばよいのですか?
会社概要のページをご覧下さい。→こちら
  1. 正しい石の選び方について
    パワーストーンは種類が多くて選ぶのに困っています。自分に合った石を選ぶ方法を教えて下さい。
石の種類を選ぶ前に、まず「形状」から選ぶのをお勧めします。パワーストーンは用途に合わせて主に以下の3つの形状に大別できます。

@身に着けるタイプ(ブレスレットやネックレス・ペンダントなど)
A持ち歩くタイプ(丸玉・カボション・携帯ストラップなど)
B置物タイプ(原石・丸玉・さざれ・ドームなど)

それぞれの特性についてはこちらを参照下さい→3つのタイプの違いについて

そして形状が決まったら次に具体的な目的や願望に合わせて石を選びます。以下の62項目の具体事例から検索をしますと便利です。こちらを参照下さい。
あなたにぴったりのパワーストーンの選び方(62項目の具体事例から検索)

※石の意味や効果をまとめた一覧表もございます。
パワーストーン意味辞典(水晶工房が厳選したお勧め25種)は→こちら

※ブレスレットの製作方法(選び方/個数/配列/サイズ)がわからない方はこちらを参照下さい。
ブレスレット製作方法・ステップ10

※たくさんの石をごちゃ混ぜにしたブレスレットについて→こちら

※誕生石から選んではいけない理由→こちら

  1. 商品カタログ・商品の更新について
    商品カタログはありますか? どのように取り寄せをしたらいいですか? また、ホームページに掲載されている商品はいつ追加や入れ替えをしますか?
商品カタログについての詳細をこちらにまとめましたので参照下さい。→こちら

尚、ホームページの商品は「毎週木曜日の12時」に更新されます。新しく届いた商品は各カテゴリーページの他に、「新着情報」のページにも掲載されます。ただしパソコン用本店サイトのみとなります。 新着情報のページは→こちら
  1. 他のショップとの違いと特徴について
    パワーストーンはお店によって価格が異なり、基準がよくわかりません。なぜお店によって価格が大きく異なるのでしょうか。
水晶工房はブラジルに自社鉱山を所有しているため、完全天然にも関わらず他店よりも安価な価格設定が可能となっています。(テレビショッピングや宝石店に多い溶練石や加工石は使っていません。溶練石や加工石も素材自体は天然で価格もずっと安いですが、当店ではパワーストーンとは考えておりません。) その他、パワーストーンは店舗形態、仕入方法などによって大きく異なります。とても大切なポイントですので、この件については専門家のコラムにて詳しく解説しております。ぜひこちらを参照下さい。
水晶工房の商品価格の根拠
パワーストーンについてコラム
  1. 修理サポート体制について
    ブレスレットやネックレスを使用していてのワイヤーが切れてしまった場合にはどのようにすれば良いですか?こちらの修理やメンテナンスの体制について教えて下さい。また、使用途中で「シリコンワイヤー」から「ステンレスワイヤー」に変更をしたくなった場合、変更可能でしょうか?
ブレスレットが切れてしまった際の修理の方法については2種類ございます。

【お客様ご自身で修理をされる方法】(シリコンワイヤーのブレスレットのみ)
シリコンワイヤーのブレスレットはお客様ご自身でも修理が可能です。「修理キッド(ワイヤーと糸通し、修理案内図の3点セット)」を注文頂ければすぐに出荷を致します。詳しくは案内ページをご覧下さい→こちら

【当店にお送り頂いて修理をさせて頂く方法】(両ワイヤー共通)
どちらのワイヤーについても、ワイヤーの交換、紛失した石の追加など随時承っております。ただし他店で購入をされたブレスレットやネックレスは、形状や材質など様々な相違があるため修理対応ができません。詳しくはこちらをご覧下さい→こちら

※シリコンワイヤーとステンレスワイヤーの違いについては→こちら
  1. 返品規定・クーリングオフについて
    通販で購入するのが初めてで不安です。もしも商品が思っていたものと違うという場合には返品できるのでしょうか?
当店は日本通信販売協会に認証された企業ですので、返品やキャンセルの際の規定もしっかりと整っています。通販は実際に商品を手にとって見ることができないため、思っていた商品と違うということが起こるのも当然のことだと考えております。そのような場合も返品や交換ができますのでどうぞご安心下さい。
詳しくは水晶工房の返品規定を参照下さい→返品規定

【悪徳商法に断固反対!】
最近、パワーストーンショップの中には、返品をしようとするとその前に装着している写真を送らせて「除霊が必要です。」などと言って何十万円も請求するところがあります。(有名雑誌に掲載をしている会社でも実際に行なっているところがあるんですよ。)また石が弱っているので「パワー注入が必要です」とか「新たな石が必要です」などと言って、やはり高額な請求をするところも増えています。 もちろん当店ではそのような悪徳な勧誘は一切致しません。パワーストーンは使用する人が自分で育てていくものであり、自分の夢や希望を後押しするためのアイテムです。本来、追加で何か費用が発生することはありません。石も決してたくさん持つ必要はないんです。(例外として、お塩で浄化をされる方は、お塩の費用200円くらいはかかります。)

最初から高額な壺や絵を販売するような悪徳商法は減ってきましたが、上記のような新しい手法が流行っていますので注意が必要です。

返品規定は→返品規定
  1. セキュリティーポリシー・安全基準
    インターネットを経由して個人情報やクレジットカード情報が流出しないか心配です。どのような安全対策をしているか教えて下さい。
SSLという暗号化をして情報を管理しているため個人情報が流出する心配はございません。また、クレジットカード決済に際してはヤマト運輸のシステムを使って処理をしておりますので安心してご利用下さい。 セキュリティーポリシー(安全基準)に関する詳細はこちらを参照下さい→こちら



日本通信販売協会認証企業(オンラインマーク)

日本通信販売協会

当社サイトはインターネットを利用した電子商取引において適切な取引を行なう事業者に認定されるオンラインマークを取得して運営されています。

  1. 品質ランクについて
    最近、他店でAAAとかAAAAAといったランク表示を見ますが、水晶工房の天然石のランクはなんですか?
このところパワーストーンショップが急増してきて、このランク表示に惑わされるケースが多発しています。とても重要ですので詳しくはこちらを参照下さい。→こちら
  1. 石の相性・通販と店舗販売の違いについて
    相性の良い石と相性の悪い石があると聞いたことがあります。通販でも相性の良い石を選ぶことができますか?
通信販売の場合には店頭販売のように石を手にとって選べませんので、どのような石が届くのか心配かもしれません。しかし店頭で自由に手にとって選べると様々な人が触れますので、それだけたくさんの気を吸収してしまうことを意味します。さらに店頭では光とホコリによって劣化もしますし、石自体が疲労をしてしまいます。よくパワーストーンを選ぶときに相性の良い石と相性の悪い石があると言われますが、これは店頭の石には様々な状態のものがあるからであって、当社のように人の手に触れず静かな場所で保管しているパワーストーンであれば本来は相性の違いというのは存在しないのです。またパワーストーンは3億年かかって形成された偉大な地球の凝縮した姿であり、地中深くで形成されておりますから原産地や加工、保管、販売の方位は影響がありません。そのためむしろ店頭よりも通販で購入する方が純粋で安定したパワーストーンを手にすることができると自負しております。(もちろん届いた石がなんとなく合わない気がするということもあるかと思います。そのような場合でも当店では7日以内であれば返品可能です。安心してご利用下さい。)

ブレスレットの腕サイズや玉の大きさが不安な方や装着感を確かめてみたい方は、「サンプルレンタルサービス」をご利用下さい。詳しくは→こちら
  1. 産地と相性の関係について
    パワーストーンのおすすめの産地はどこですか?
日本にお住まいの方であれば、ブラジル産が最もお勧めと言われています。ブラジル産はもともと結晶構造が大きく品質が高いことで有名ですが、それ以外の理由としまして、日本の裏側(最も遠い場所)に位置する採掘地であることから、方位の吉凶の影響を受けることがない点、そして日本から一番遠い場所の石を身につけることで地球の波動を引き出しやすい点などが人気の理由です。尚、現在は国内では一部の石を除き採掘されておりません。かつて水晶の産地として有名だった山梨も現在は鉱脈が枯渇しましたので、基本的にはブラジル産か中国産を輸入して加工技術を主力産業としています。(ヒマラヤ産という記載も多いですが、ヒマラヤという国はありませんので、中国産かネパール産です。中国産と書くよりイメージが良いので使われることが多くなっています。カンチェンジュンガ産というのもときどき見ますが、ヒマラヤの中の山の名前です。)
  1. 石の相性・組み合わせについて
    様々な種類のブレスレットを複数本装着したり、1つのブレスレットの中に様々な石を混在させても大丈夫でしょうか。
同じ種類の石であれば装着量が多くても問題ございません。(例えば、透明本水晶のブレスレットを3本重ねて装着したりなどはOK!)注意が必要なのは異なる石を装着される場合です。 その場合は石の相性を考える必要があります。最近、パワーストーンショップが急増して、いろいろな種類の石を混在させたり、種類の違う石を複数種類装着するようにお勧めするケースが増えていますが、人間の心身には限界があり、あまり多くの石の信号を一度に読み取ることができません。 例えば「金運系の石だけの組み合わせ」のように波動の類似した石であれば混在をさせても問題ありませんが、全く象意の異なる石の場合には、敢えて同時には装着せずに、時間帯によって付け替えをされることをお勧めします。 それはブレスレットとペンダントのように装着部位が異なる場合も同様です。 例えば金運系のブレスレットは平日や日中に装着されて、恋愛系のブレスレットは夜間や週末に装着されるなどの方法でメリハリをつけて消化不良を防ぎます。 ただし透明本水晶だけはどの石とも相性が良いので、組み合わせや時間帯を選ばずに常に使うことができます。水晶工房が考える石の相性についてはこちらの相性表を参考にされて下さい。

水晶工房が長年の研究でまとめた石の相性表
こちら

いろいろな石をごちゃ混ぜにしたブレスレットについて
こちら

誕生石から選んではいけない理由について
こちら
  1. ブレスレットの製作方法について
    パワーストーンブレスレットを作りたいのですが、どのような石を何個くらい選んで、どのように組み合わせて良いか全くイメージが沸きません。初心者でもわかりやすく説明して下さい。
ブレスレット初心者のために手順を1から10までまとめました。読むのに少し時間がかかるかもしれませんが、大切なパートナーとなるパワーストーンブレスレットですので、ぜひお読み下さい。
ブレスレット製作方法(選び方/個数/配列/サイズ)ステップ10

尚、当店にお任せで、あなたにぴったりのブレスレットやネックレスをアレンジする見積もりページもございます。

当店にお任せ!制作のご依頼 お見積もりフォーム

  1. ブレスレットのサイズ表記について
    ブレスレットのサイズは、石の内寸で表示されているものですか?それとも外寸で表示されているものですか?
当社のブレスレットは、内寸で表示されておりますのでお客様が装着される予定の腕のサイズをそのままご申告頂いて結構です。 尚、ブレスレットの腕サイズや玉の大きさが不安な方、装着感を確かめてみたい方は、「サンプル貸出しサービス」をご利用下さい。詳しい申込方法は→こちら
  1. 腕時計装着時の注意点について
    パワーストーンブレスレットと腕時計の同時装着は可能ですか?
パワーストーンブレスレットと時計は同じ腕に装着をして頂いて結構です。確かにブレスレットと時計を一緒に装着することを敬遠する説はございますが、それは他人から借りた時計や中古品の時計を装着する場合であって、ご自身用に新品の時計を購入された場合には、時計と石を一緒に装着されても全く影響を及ぼすことはございません。ただし、時計にも微量ながら気が移りますので、一度、同時装着をされた時計は他人に貸したり、オークションなどで販売をすることのないようにしてください。
  1. 単品販売・オーダーメードについて
    ブレスレット用の石を単品で購入することができますか?(例えば10mm玉のラピスラズリを1玉など)またこちらの希望でブレスレットを作って頂くことは可能ですか?
1)単品販売(粒売り)の場合はこちらのページが専用ページです→こちら

2)定番商品に掲載されていないブレスレットやネックレスの制作をご希望の場合はオーダーメードページから操作が可能です→こちら

3)当店にお任せでブレスレットやネックレスの制作をご希望の場合はお任せ制作フォームよりご依頼下さい→こちら
  1. 石のサイズについて
    ブレスレットを買いたいのですが10mmと12mmで迷っています。大きさによってどのくらい石の魅力が異なりますか。また8mm以下の小さいサイズの石はなぜ取扱いがないのでしょうか。
10mmと12mmとの魅力の差については、個人差がありますので厳密に何倍といったご案内はできませんが、大きければ大きいほど波動が高く、使用者の気を受け止めやすいと言われています。(厳密ではなく、あくまでも概算ですが、12mm玉は10mm玉の2〜3倍の波動(質量は1.7倍)、14mm玉は10mm玉の3〜4倍の波動(質量は2.7倍)、8mm玉は10mm玉の3分の1〜4分の1の波動(質量は半分)と言われています。)全体的に8ミリ玉ではパワー不足ですが、ルチルやシトリン、ラピスラズリ、インカローズなどパワーの強い石の場合は8ミリ玉でも結構です。(ただし1種類につき5個以上使用して下さい)また、ラリマー・スギライト・チャロアイト・タイチン金ルチル・ギベオンなどさらに強力な石の場合には8mm玉3個以上から有効です。ネックレスのようにチャクラに近く、使用する石の数が多い場合も8ミリ玉を選択することができます。尚、国内のパワーストーンショップには6mm玉や8mm玉が多く出回っていますが、6mm玉は10mm玉の4分に1の質量しかなく、8mm玉であっても10mm玉2分の1の質量しかありません。店舗が石を仕入れる価格も4分の1、2分の1ですが価格は割高に設定ができるという点も取扱い店の多い理由のようです。せっかく身につけるパワーストーンですからしっかりとサイズのあるものを選びたいですね。
※ブレスレットの腕サイズや玉の大きさが不安な方、装着感を確かめてみたい方は、「サンプルレンタルサービス」をご利用下さい。詳しい申込方法は→こちら
  1. デザインと効果の関係について
    こちらの水晶工房で水晶やパワーストーンを購入したいのですが、デザイン的にあまり魅力がありません。(ごめんなさい…)デザインは変更の予定はありませんか。
水晶工房の商品は確かにデザイン性は劣りますが、当社のパワーストーンは石の本来の魅力を引き出すことを最優先に考えております。ブレスレットやネックレスは原則として丸玉を使用し、多面体カット石(36面カットや108面カットなど)は使用しません。(多面体カットをしてしまいますと宝石鑑別ができなくなり、人工か天然かの見分けもつかなくなります。)ペンダントの場合もできるだけカットの少ない形状にすることで石の魅力を引き出しやすくします。
最近はカラフルにいろいろな石を混在させるブレスレットが流行っていますが、できるだけ石の種類は1〜2種類に留めて、波動が混ざり合わないようにしましょう。(10mm玉が大きくて目立つ、という場合にはリストバンドやシュシュで隠すように装着をする方法もお勧めです。) ファッション性を重視して石と石の間に金メッキの金属をはさんだり、わざと小さいサイズの石をはさんだりすることが多いですが、そのようなオプションを入れれば入れるほど肝心な「天然石の使用量」が少なくなってしまいます。(10mmや12mmといった大きいサイズの天然石がどの部分よりもずっと高価でブレスレットの単価を上げています。オプションは単価を落とすためによく使われる手法です。)ぜひトータルで使用されている石の量という観点で値段の比較をされて下さい。(ファッションブレスは少ない石の量で、かつコーディネート料が加算できるため、これからもどんどん増えてくると思われます。)
  1. パワーストーンの浄化方法について
    パワーストーンの浄化方法を教えて下さい。また塩(粗塩)で浄化したとき、その塩はどのようにすればよいですか。
パワーストーンの浄化方法はいくつかあります。最もやりやすい方法をお選び下さい。詳しくは→こちら

上記の詳細説明にも記載をしておりますが、浄化で使った塩はそのまま流しなどに捨てるようにしましょう。またペンダントの金属部分など塩で変色が気になる部分は塩に触れていなくても結構です。
  1. 特殊な石の浄化方法について
    インカローズやラピスラズリ、スギライト、ターコイズは塩での浄化ができないと聞いたのですが、水晶工房ではどのような浄化をお勧めしておりますか?
厳密に申し上げれば、すべての物質は塩に対して劣化はします。その劣化の度合いをどの程度許容されるか、によって実のところ判断が変わってまいります。水晶やシトリン、金ルチルのようなガラス質の石に比べますと、 それ以外の非ガラス質の石は僅かながら塩によって劣化が進みます。夏に汗をたくさんかいて拭き取らない場合も同じです。インカローズやラピスラズリ、スギライト、ターコイズも水晶に比べれば劣化しやすい石となります。 長く維持をされたい場合にはやはり塩よりはさざれ水晶での浄化が最も影響がないためお勧めです。2ヶ月に1回の塩浄化であれば、1回で著しく劣化をして色落ちをするということはありませんので、 さざれ水晶がご用意できない場合などには、ベストではありませんが可能な方法、という解釈となります。
  1. 温泉での注意点について
    吉方位の温泉で浄化をしても良いのでしょうか。
温泉は大地の気を高密度に吸収しておりますので水晶に良い影響を与える絶好のチャンスです。祐気取りとして人が自分の体を温泉で浄化させる場合には共同風呂であっても他人の気が移ることはありませんが、水晶の場合には人体よりもデリケートですので不特定多数の人が浸かったお湯ですと他人の気がわずかではありますが混ざってしまうことがあります。よく循環しているきれいなお湯であれば問題ありませんが、念のためお湯の出ているところの近くで浄化をするようにしましょう。
  1. 形状ごとの特性について
    身に着けるタイプのパワーストーンの中で探しているのですが、「ブレスレット」・「ネックレス」・「ペンダント」で迷います。どのかたちを選んだら良いですか。
この中で最も石をたくさん使っているのがネックレスです。60cmのネックレスは20cmのブレスレットの3倍の石の量ですからパワーストーンの魅力を最も引き出しやすい形状と言えます。洋服の下に装着ができるので場所を選ばず装着ができるというメリットがあります。ブレスレットは気軽に着脱ができるため最も人気のアイテムです。ペンダントは使われている石の量は少ないですが、第4チャクラ(胸の谷間からみぞおち付近)に近いので効率的にパワーストーンの魅力を引き出すことができます。生活スタイルに合わせて長時間の装着がしやすい方を選ぶと良いでしょう。ネックレスやペンダントは肌に密着させるために洋服の内側に装着しますので人目に触れることもなく、職種に関係なく気軽に身につけることができます。
  1. プレゼント用梱包や発送方法について
    知人にプレゼントをしたいのですが、どのような梱包をして頂けますか? また金額の書かれた書類等は入れずに直接送って頂くことは可能ですか?
梱包の種類や商品の発送方法についてご要望にお答え致します。詳しくはこちらのページを参照下さい→こちら
  1. プレゼントと「気」の関係について
    パワーストーンをプレゼントをしても、「気」とかの観点で大丈夫でしょうか。
パワーストーンをプレゼントする場合、中古品や使用済みのものは避けてください。気が移ってしまうためです。一方、新品であれば、全く問題ございません。特に当店のように通販専門の場合には、店舗で多数の人の手に触れるようなことがないため、気を受けていない純粋無垢なパワーストーンをお届けすることができます。
  1. 石を紛失した場合の対処方法について
    パワーストーンを失くしてしまい見つかりません。失くすというのはどのような影響があるのでしょうか。
パワーストーンを紛失するということはその石が役目を果たして引退をすることを意味します。次のステージにレベルアップをした場合が考えられますので、前回よりも少し運気を限定した新しい石を身につけると良いでしょう。(例えば今まで透明本水晶を身につけていた場合には、次はルチルやインカローズなど、あるいは透明本水晶とタイガーアイなど2種類の石の装着にチャレンジしてみる、など)

一方、紛失ではなくブレスレットやネックレスの石の一部だけが割れてしまったという場合には、まだその石だけを交換して、引き続き使用されたほうが良いケースが多いです。ただし全体が黒ずんできたり、著しく曇ってきた場合には、思い切って引退をさせてあげて、新しい石に挑戦してみて下さい。(引退の方法は、土に埋める(土に返す)方法が一般的です。自宅か自宅近くの公園などの土に埋めてください。)※一部の石の交換やブレスレットのワイヤー交換など、詳しくは単品販売・フルオーダーメードの案内ページをご覧下さい→こちら
  1. さざれ水晶の使用方法について
    さざれ水晶を玄関やトイレ、リビングなどに置いています。1キロのものを4等分位に分けていますが、量として少なすぎるとよくないということはありますか?置く際にビンには蓋をしてもよいのでしょうか?入れ物はビンのほかにはガラスのコップやガラスの小鉢に入れていますが構わないでしょうか?
量が少ないことで悪い影響を及ぼすことはございませんが、パワー不足で石の魅力を十分に引き出すことはできないと言われております。また、さざれ水晶を入れたビンについては蓋をして頂いてかまいませんが、空いているほうがより効果的です。(時々蓋をはずして頂く方法でも結構です。)使用される器についてはどのような種類でも結構ですが、選択の余地がございましたら、透明な器に入れることをお勧め致します。(ガラス製でもプラスチック製でも結構です。)さざれ水晶を家宅風水の置物として使う場合には、家宅の大きさにもよりますが1箇所500g以上がおすすめです。
  1. ブレスレットを装着する場所について
    パワーストーンブレスレットは左右どちらの腕に装着すれば良いのですか? 男性、女性によって決まっているのですか?
右利きと左利きとで変わります。右利きの場合、気を左手でキャッチをして右手で放出をする傾向がやや強いので、通常は「左手首」に装着をするのが一般的です。腕時計と一緒に装着して頂いて構いません。ただし一緒に装着した腕時計にも装着者の気が移って、弱いながらもパワーストーンと同じ状態になりますので、その腕時計は他人に貸与したり、売却したりされないで下さい。ただし左右を比較した場合に相対的に上記の傾向が強いというもので、右手首に装着をして効果がないということではありません。(左手よりやや少ないですが右手からも気をキャッチして、左手からも放出しています。)そして、左利きの方の場合は、右利きの方場合の真逆かと申しますと、実は不思議なことにそうではありません。左利きの方の場合には、ほぼ均等に左右から同時に気をキャッチして、気を放出しますので、左利きの方の場合にはどちらに装着をされても同一となります。ただしどちらか「定位置」を決めて、主にその「定位置」に装着するようにして下さい。尚、右利き・左利き共に通常は上記のような「定位置」を決めて普段の生活のなかではずっと同じ腕に装着をしますが、ここぞ!という勝負のときや大きなチャンスを迎えたとき、ちょっとしたピンチのときには、一時的に「定位置」とは逆の腕に付け替えをして下さい。特に金運系の石の場合にはこの「逆付け」が思わぬ良い変化をもたらすことがあります。他のパワーストーンショップや石に関する文献の中には、常に右手につけるように指南しているものも見受けられますが、当店の研究では上記の法則が最も心身の気の流れにスムーズで効果的であると判断しています。
  1. 装着する時間の長さについて
    ブレスレットやネックレス、ペンダントは常に身に付けていなければならないものですか?
パワーストーンはできるだけ装着時間が長いほうが石の魅力を引き出しやすくします。ただし装着する時間が短いと効果がないというわけではございません。生活に支障がある中で無理やり装着をしますと、そのことがストレスとなってしまいますので、生活パターンに合わせてストレスのない範囲で装着をされて下さい。 尚、装着できない間、ポケットやカバンに入れておく場合には、石が肌に接していませんので石本来の効果は出せませんが、邪気除け・守護の効果だけはございます。
  1. 石の引退・処分の方法について
    ブレスレットを使わなくなった場合はどうすれば良いですか? また、しばらく使っていなかったブレスレットを再度使う場合はどうすれば良いのでしょうか?
パワーストーンはほぼ永久的に使用可能です。しかしながら、オーバーワークで役目を全うして輝きが失われたり、曇りや黒ずみが取れないことも稀にあります。その場合は引退をさせてあげて下さい。パワーストーンを引退させたい場合には、土に埋める(土に返す)のが一般的です。自宅や近所の公園の土に埋めてください。また吉方位に旅行をされた際に現地の土や砂に埋めたり、湖に投げ入れる方法も効果的です。使わなくなった場合でもすぐに埋めなければならないというわけではありませんので、埋めるまでの間は机や鏡台などの中に保管をして頂いて結構です。

またしばらく使っていなかった水晶ブレスレットを再度使われる際には、粗塩や太陽光で浄化をしてからお使い下さい。(何年も使っていなかった場合には、少し念入りに浄化をされたほうが良いでしょう。太陽光や粗塩で2〜3日されると完全に波動が整います。)
  1. 装着できない場合の対処法について
    ブレスレットを装着できないので、ポケットに入れておいていいですか?
ブレスレットのように装着して肌に直接接している状態であれば、装着者の心身に波動が伝わりますが、肌に接していない状態(ポケットやカバンに入れている状態)では装着者に波動が伝わりません。外から向かってくるマイナスの気や不安定な波動から身を守る役目だけは残りますが、可能な範囲で肌に接するようにして下さい。例えばネックレスの紐を調達して、首からブレスレットをぶら下げたり、足首にアンクレットとして装着をします。尚、アンクレットとして使う場合には、右利き・左利きに関係なく、「右足首」のほうが効果的と言われています。
  1. お風呂での使用について
    ブレスレットやネックレスはお風呂に入るときにも装着をしていいですか?
パワーストーンの効果という観点から申し上げますと、お風呂に入ってリラックスをしている状態というのはパワーストーンを装着するのに相応しい状態と言えます。しかしシリコンワイヤー・ステンレスワイヤー共に劣化が進みやすくなりますので、入浴時は外されることをお勧め致します。(どちらのワイヤーも水に触れてすぐに切れてしまうほど弱くはないですが、毎日連続して高湿度と乾燥の交互の環境下に置きますと、やはり劣化の進度は早まります。)同じように水仕事が多くて頻繁に水に濡れるという場合も外されることをお勧めします。(外している間は普通に机の上や鏡台の上などに置いて頂いて結構です。水晶原石クラスターやさざれ水晶をお持ちの方は、その間にチャージや浄化をすると便利です。)尚、お風呂でもパワーストーンを使いたいという場合には、さざれ水晶1kgを(洗濯物を洗うときに使うような)ナイロンの網の袋に入れて、お風呂に沈めておく方法をお勧めします。これは「水晶風呂」といって古くから実践されている風水手法となります。その際、必ず「個人用」としてお使い下さい。他のご家族がいらっしゃる場合には混ざらないようにします。(例えば、お風呂に入った後はその水晶を必ず引き上げます。できればそのお風呂のお湯も捨てて下さい。)また、水晶風呂で使った「さざれ水晶」は水晶風呂専用として、他の用途には使わないようにしましょう。(使わない間は浴室に置いたままで結構ですが、機会があればベランダで太陽光に当ててあげるとさらに活性化されます。)水晶風呂の場合「さざれ水晶」の代わりに「水晶玉」や「ローズクォーツ球」でも結構です。また100ccほど清酒を入れて清酒風呂にするとさらに効果が高いと言われています。
  1. 就寝中の使用について
    ブレスレットやネックレスは寝ている間も着けていいですか?
寝ている間は人間が最も副交感神経を活発に働かせている時間帯ですので、パワーストーンの波動が心身の深部に伝わりやすい時間帯と言われています。そのため、ストーンの種類に関係なく寝ている間はお勧めの時間帯となります。ただし装着が邪魔に感じられてストレスになってしまうと、ストーンが発する気を無意識にブロックしてしまいますので効果が期待できません。その場合には無理に装着をせず、枕の下に敷いて睡眠されて下さい。枕の下というのは肌に接していませんが脳に近いことからある程度の波動が伝わります。また、「枕水晶」といって「さざれ水晶」1kgを網袋に入れて枕の下に敷く風水手法もございます。(こちらも水晶風呂同様に個人用かつ枕水晶専用でお使い下さい。)
  1. 装着する石の量について
    大きな石を着けたり、腕に複数の本数を着けたりして、着け過ぎということはないですか?
原則として石の装着量に比例して石の波動が強くなりますので、それだけ効果も期待できます。石の量が多くて装着し過ぎということはありません。ただし最初は「好転反応」や「石酔い」をしてしまうこともあります。その場合は装着する時間を短くして、少しずつ長くしていって下さい。(好転反応は心身のマイナスの気や不安定な波動が浄化されている証拠でもあります。一時的なものですので楽しみながら乗り越えて下さい。主に身体が火照ったり、心身が少し不安定になったり、寒気を感じたりといった症状です。)ただし石によっては発する信号が異なっていて、同時装着ができないものがございます。詳しくは水晶工房ホームページのQ&A集を参照下さい。(例えば金運系の石と恋愛系の石は一緒に装着ができませんので、時間帯によって付け替えをするほうが効果的です。)
  1. 配達日時どおりに荷物が届かないことが多いとき
    せっかく配達日時を指定しても、ヤマト運輸が時間どおりに来ないことが多いです。何とかなりませんか?
地域によっては配達日時よりも遅れ気味になるところがあります。その場合は「配達日時指定」だけでなく「出荷日指定(早だし)」をすることで、是正されることがございます。「出荷日指定(早だし)」の方法についてはこちらを参照下さい。→こちら
  1. 使用したパワーストーンの他人への譲渡について
    一度装着をしたパワーストーンであっても、他人に譲渡をしても大丈夫でしょうか?
一度、装着をしたパワーストーンがたとえご家族であっても他の方に譲渡をすることは厳禁事項です。もしも装着をしなくなったという場合には、机や鏡台などにしまっておくか、あるいは引退をさせる(土に埋める)ようにされて下さい。(形状を変えて(例えば違う石を追加して別のブレスレットやネックレスにするなど)再度ご自身でお使いになるのは全く問題ございません。)

パワーストーンや時計というのは、使用者の気が移って、物質にその気が滞留します。そのため、その状態の物質を他人が使ってしまいますと、前の使用者の気(良い気も悪い気も)を受けることとなり、言わば「異物」を体内に入れることとなってその人に悪影響を及ぼすことがあると言われています。必ず悪影響が起こるというわけではなく、概ね問題ないケースが多いですが、ホームページのような不特定多数の方が閲覧をされる媒体においては、一般的な理論として掲載をしております。また、とても面白いことに、(これは俄かに信じがたいですが)譲渡をした側(贈った側)の気が他人とつながることとなり、譲渡をした側にも悪影響が出ることがあります。(もらった側に影響が出るのは容易に想像がつきますが、贈った側に影響が出るというのは非常に面白い原理です。「気」のメカニズムとしてそのようになっています。) 具体的にどのような悪影響が出るかについては、様々なパターンがありますが、体内の気のバランス(風水学的には陰陽バランスと言います)が崩れますので、運気を上げにくい不安定な状態になったり、心身のどこかに支障が出たりすることがあります。
  1. 買い取り・下取りについて
    水晶やその他天然石の買取り・下取りは行なっていますか?
水晶工房では買い取り・下取りは行なっておりません。
水晶工房の商品はすべて採掘をしたばかりの新品のみを扱っており、一度使用をした天然石は取り扱わない方針をずっと続けています。
買取のご依頼商品は未使用の新品もあるかもしれませんが、当店では使用・未使用の判断ができないため、安全性を最優先して、すべて採掘地の商品のみを扱うようにしています。

ただし、パワーストーンの使用後調査の一環として、年に1回、水晶工房商品の購入者様から下取りキャンペーンを実施する場合がございます。この下取り品は劣化度合いや波動状態を調査研究するために使用し、その後はすべて焼却処分をしております。


質問をクリックすると、その答えが表示されます。
(答えをご覧になりたい場合には質問文をクリックして下さい)

当店は1998年の創業から、お蔭様で延べ 100,000人以上の方にご利用頂きました。これからもより良い商品と有益な情報ををお届けします。


店長の前田美香です。
商品は東京からお届けします。

人工加工や着色・溶練再構築をしていない【完全天然石】を人の手に触れていない【純粋無垢】な状態でお届けします。 通販だからこそできる安心品質です!

ご注文・お問い合わせ

お問合せ先一覧

ご注文やご質問はお電話でも結構です。石の選び方については様々な資料を元に分析した回答を致しますのでメールのほうがより詳しい回答が可能です。
(メールの場合には必ず題名とお名前を記載して下さい。)
大切な買物ですから後悔しないためにも、私たちスタッフが丁寧にお答えします。

※メールでのお問い合わせは12時間以内に返答を致します。
お気軽にお問い合わせ下さい。
(ただし営業時間外の場合は翌営業日の対応となります。)

パワーストーンは決してたくさんを持つ必要はないんです。
少量を末永く愛用して頂き「眠った才能」「本来の運気」を引き出してほしいと願っています。
(担当:佐々木/竹内/前田)

TOPICS

[感謝の声多数!]
パワーストーン購入者様から頂いたお便りの一部を掲載中。

[ささやかなプレゼント]
『新・パワーストーンの魅力を引出す秘密の小冊子』を進呈中!

[修理・サポートも万全]
ブレスレットやネックレスの修理は迅速に対応をさせて頂いております。